ダイエット

【失敗談】ダイエットの「特別ルール」に要注意

※今回は筆者がダイエット中に実感した、挫折しやすい特別ルールの話です。

ダイエットって、すぐに挫折しませんか?

でも、挫折するたびにちょっとずつ、「これがダメだったなあ」と気づくことが出てくると思うんです。

今回私が「これ、だめだったなあ」と気づいた失敗談をお伝えしようと思います。

 

筆者の失敗談

外食に誘われた→行った

月に何度か、食事に誘われることがあります。

大事な相手との食事会は、ダイエット中でもできれば断りたくないですよね。

いざ食事会で「ダイエット中なので・・」とも、気を遣って言い出せないこともしばしば。

 

私はダイエットを始めるにあたり、

「糖質や脂質を控えて、野菜中心にしよう」

など、ルールを決めていました。

 

しかし、食事に誘われた私は

「特別ルールを作ろう。今回は特別な機会だから、ルールを守らないでいいことにしよう」

と決めて、糖質も揚げ物も食べ、その食事会を楽しみました。

 

何故か、パスタ屋に1人で行こうと考えた

さて、翌日のことです。

「あー、昨日たくさん食べたなあ。今日からまたダイエットしよう。

あれ、そういえば、明日行く場所にちょうど大好きなパスタの店があるんだ。

ダイエット中だけどめったに行けないし、行っちゃおうかな♪」

 

ここで、ハッとしました。

何故、パスタを食べようなんて思ったのでしょうか?

昨日人付き合いで食事したことで、気がゆるんでしまったのでしょうか?

 

ルールのねじ曲げが起こっていた

よーく考えてみると、

昨日、食事会で

「特別な場合だったから、ルールを破った」ことで、

「特別な場合ならルールを破っても良い」

と、頭が勝手にルールをねじ曲げてしまったようなのです。

 

これだと、「めったにないと思う機会」なら、なんでも特別になります。

 

・めったに行かない場所にあるお店

・めったに予約のできないお店

・めったに手に入らないお菓子

・期間限定商品

・本日大盛り無料

・・・

これをOKとしていたら、もうダイエットなんて続けられません。

 

具体的なルールが必要だった

「特別な時」じゃなくて、

「人付き合いで断れない時」

と、ちゃんとルールにしておくべきだったのです。

 

そうすれば、パスタのお店に行こうなんて考えなかったことでしょう。

まとめ

特別ルールを作るときは、

具体的にルールを作ることでモチベーションを維持できるかもしれません。