つれづれ日記

令和を口実にして

平成も今日で終わりですね。

皆さんいかがお過ごしですか?

こういう日に、何かしようと思って考える人と、何もしないでスルーする人に分かれますよね。

私は何もしない人です。

でも、何かしようと思って行動に出る人をまぶしく思います。うらやましい。

もしするとしたら、何をしますか?

私が思いつくのは、

  • 旅行
  • 特別な場所に行って令和を迎える(富士山、ディズニーランド、朝日の見える場所)
  • 友達と楽しく過ごす
  • 家族とゆっくり過ごす
  • ネット掲示板で見知らぬ人と祝う
  • SNSで知り合いと祝う
  • YouTubeやニコニコ動画で好きな番組のライブ配信を視聴
  • テレビでカウントダウン番組を見る
  • いつもと同じように過ごす

くらい。

外出が好きじゃないので、もっぱら後半のネットやテレビを気にして過ごすと思います。

地味ですけど不満はないです。

外出して思い出を作りに行く人はうらやましく感じますが、

体力を削って行動するほど情熱がないんですね。

多分、「令和を迎える」って、何かしたいことがある人にすごくいい「口実」じゃないですか。

国全体の時節の変わり目ですから、それにあやかって新商品を売り出したり、セールをしてみたり、旅行に行ったり、仲間と飲んだり、

普段からしたいなと思っていることを行動に移す「いいタイミング」なんですよね。

だから、普段から地味に過ごすのが好きな私のような人は、地味に過ごすのが自然なのでしょう。

普段より無理なことはしません。

普段からやりたいなと思ってることを、令和を「口実」にしてやっちゃうのがいいってことでしょうね!