アート

【1枚の絵画紹介】エドワード・ホッパー『海辺の部屋』

本日の1枚はこちら。

 

《エドワード・ホッパー 『海辺の部屋』 カンヴァス、油彩 74.3×101.6cm 1951年アメリカ、エール大学アートギャラリー》

 

 

誰もいない部屋に差し込む光。

窓の外には、すぐそばに海が広がっています。

まばゆい光を追いかけていると、奥の部屋に視線は誘われます。

誰も座っていないソファ、静かに佇む家具。

「誰もいない」ことが、際立って意識させられます。

 

作者のエドワードホッパーは、画業全体を通してよく見ると少しずつある変化をとげました。

・無駄な方法を省く

・本質的でないディテールを捨て去る

・コンポジションの簡潔さを強調する

・何もない空間を増やす

など、いかに本質のみに焦点をあてるかを意識し続けたようです。

これらが結実した作品が、この『海辺の部屋』です。

ホッパーの描く室内から人がいなくなるほどに、孤独感や見捨てられた思いが深まっていき、それらが果ては危機感を帯びて充満していくようです。

 

1930年代に起こった世界的な不況と経済危機は、アメリカ近代生活の危機でもありました。

 

参考文献  :  ヴィーラントシュミート(2009)『エドワード・ホッパー アメリカの肖像』(岩波アート・ライブラリー)光山靖子訳,岩波書店