気になったこと

決闘!カラスvsムクドリ 【身近な野鳥の観察】

※ちょっとショッキングな結末です。

 

暖かい日の続く5月下旬のある日の午後、街中でそれは起こりました。

 

いつのまにか家の軒下にムクドリが巣を作っていたようで、

抜け目のないカラスがそれを見つけてしまったらしいのです。

 

最近ゴミ置場にもカラス除けのネットが設置されていき、エサ場に困っていただろうカラスたちだって生きていかなければなりません。

カラスは雑食で、他の鳥の卵やヒナを捕まえて食べることも多い鳥です。

虫が増えるこの季節はあちこちで野鳥の子育てが盛んになっていて、カラスはそれを狙うのです。

 

家の軒下をくちばしでつつくカラスを、6匹ほどのムクドリの成鳥が攻撃しています。

カラスも親鳥の居ない隙を狙ったのでしょうが、見つかって応援が増え苦戦しているようです。

殺気立ったムクドリがヒュンヒュンと、カラスの頭を目がけて次々に飛び立ちます。

ギャーギャーとムクドリの威嚇の鳴き声がいくつも重なって響きわたり、

カラスも負けじとガアーガアーと抵抗。

すごい大声なので、通りがかる人も皆さん心配そうに立ち止まって見つめていました。

 

2羽のカラスはムクドリの攻撃をを気にしつつ、いったん離れたり、また巣をつついたり。

巣をつつくたびに、ヒナの羽毛でしょうか、ふわふわしたホコリが舞い散ります。

ムクドリはいよいよヒナの危機で、攻撃を強めます。

 

しかし。

ムクドリに応戦しながらも、カラスもまた応援を呼んでいたようです。

いつのまにか2匹増えたカラスがムクドリの気を引きつけ、

その間に1匹のカラスがヒナをくわえて素早く逃げ去りました!

 

その瞬間、あれだけうるさかった鳥たちが、静まりかえりました。

残りのカラスたちもすぐその場を離れ、戦いはカラスの勝利で幕を下ろしたのでした。

 

そして、それをそばで見ていたスズメ2匹がいたのですが、突然に交尾をはじめました。

スズメなりにも何か思うところでもあったのでしょうか?