アート

【作品紹介】ゲルハルト・リヒター『アトラス体系 1:2』

堂島リバービエンナーレ2019にて、

ゲルハルト・リヒター 『アトラス体系  1:2』

全809点が展示されていました。

写真撮影が可能でしたので、その様子をお伝えします。

 

※堂島リバービエンナーレ全体のレポートはこちらです↓

【レポート】『堂島リバービエンナーレ2019』展に行ってきました

 

ここから、会場の半分ほどの敷地面積を使って全809点の作品が始まります。

壮観です。

 

こちらは、エイト・グラス・パネルという立体作品です。

その構想の図もアトラスの中にありました。

 

さて、ここから『アトラス体系 1:2』を展示順にピックアップしていきます。

個人的に気になったものを50枚ほどの写真に収めました。

是非ざっと続けて、ご覧になってみてください。

 

 

以上です。

雰囲気だけでも伝わったでしょうか。

図鑑の中に入り込んだような気分になる、総体を捉えることができないほど膨大な作品群です。

リヒターは人、自然、静物、絵画、展示の構想、色など、多様なものをそれぞれの系統にまとめ、

いかにも標本のように展示しています。

世界をひとつのアーカイブとして、集められたサンプルのようです。

 

作品の数が増えるほどに、その中の一枚の写真の解釈も広がりつづけていくようでした。